夏野菜の栄養素

夏が旬の野菜

夏が旬となる野菜としては、ナス科に分類されるものが多く、トマトやナスなどが代表的です。ウリ科の種類では、キュウリや冬瓜が美味しくなり、この季節だけは露地栽培が行われることも多くなります。強烈な太陽の日差しは人間にとっては過酷ですが、植物にとっては大きな恵みでもあります。スイカは暑さを必要とする代表的な果菜ですから、低温の梅雨が長引くと悪影響が出てしまいます。

 

夏の季節のナスは、ふっくらとした果実となって、表面には弾力があるのも特徴です。半分に切ってみれば、リンゴのような甘い香りがして、絶妙な美味しさとなります。トマトは太陽の光を存分に浴びて、真っ赤に完熟して独特な芳香が特徴になります。キュウリは地這いと支柱立ての2種類の作り方がありますが、地這いにすると果皮が特に軟らかく、心地良い歯ごたえが特徴になります。

 

近年になって日本で定着した夏野菜としては、オクラやモロヘイヤが代表的で、暑さに強い植物であることも見逃せない事実です。イネ科のトウモロコシも同様に旬となって、暑い時期の収穫風景が各地で見られます。芋類ではジャガイモが旬となって、芋掘りの楽しみが味わえます。掘りたてのジャガイモの皮はとても薄く、塩味で茹でるだけでも美味です。

 

妊娠時に必要な栄養素